女性ホルモンを増やす方法にはメリットあり|老化を遅らせて美しい体

生理による主な症状

開放感

PMSとは、生理の少し前から始まる、イライラ、腹痛や眠気、そして頭痛などの状態のことです。PMSは月経前症候群とも呼ばれていて、心や身体の様々な不快症状だと言われています。PMSの特徴としては、生理の始まりとともに症状が消えて軽くなるという点です。

身体に現れるPMSの症状としては、「胸の張りや痛み」、「腹痛、腰痛」、「眠気」、などが挙げられます。胸の張りや痛みは、ホルモン量の変化に関係があると言われています。生理などでホルモン量が変化することによって、胸の乳腺が腫れるという症状です。主に、現れる女性の特徴としては、出産や授乳の経験をしたことのない女性などに強く現れるとされています。そして、腹痛や腰痛は主に下腹部や腰に痛み等が発生します。それは、身体の中のプロゲステロン値が上昇することによって、子宮が収縮してしまい、腹部や腰が重くなるとか、だるくなってしまうのです。そしてPMSの症状としては、急な眠気というのもあります。主に日中にも関わらず強い眠気に襲われるとか、しっかりと睡眠をとっているのに眠気が取れないなどです。この眠気の原因としては、生理前は体温が上昇します。人間が快適な睡眠を行なうためには、就寝前にある程度体温を下げると良いと言われています。そのため、生理前の体温上昇は睡眠不足に繋がってしまうのです。

これらの症状は、しっかりと対策を行うことによって、改善できる可能性もあります。少しでも不安のある方は、PMSについて一度調べてみると良いでしょう。