女性ホルモンを増やす方法にはメリットあり|老化を遅らせて美しい体

日々の食生活を見直す

女性

機能性低血糖症はPMSの症状を悪化させる1つの原因だと言われています。この症状の悪化には、プロゲステロンという女性ホルモンが関係しているのです。排卵日から月経開始までの、いわゆる黄体期にはプロゲステロンという女性ホルモンが分泌されます。そのプロゲステロンはインスリンの作用を低下させると言われています。インスリンは糖を身体のエネルギーとして活用するとか、身体の臓器に対して栄養を届ける作用を持っています。さらにインスリンは血糖値にも関係してくるのです。プロゲステロンによって、インスリンの作用が低下してしまうと、身体に様々な不調をもたらします。その結果機能性血糖症の症状が現れてしまって、不快な症状の原因となるのです。その不快な症状がPMSの症状を悪化させてしまいます。そのため、症状を悪化させないためには、対策を行なうことが必要です。

PMSへの対策としては、日々の食生活を見直すことが大切です。精製されている白米や白いパン、その他にも糖分を多く含んでいる食品は、摂取を控えた方が良いとされています。何故かと言うと、それらの食品はインスリンをたくさん分泌させ、症状を悪化させてしまうからです。それらの食品をどうしても摂取したいのであれば、日々の食事に少し工夫する対策が有効です。例えば炭水化物を食べたいのでしたら、玄米や全粒粉のパンは糖分が低いためオススメだと言われています。食事を見なおすなどの対策を行なうことで、PMSの症状悪化を防ぐ可能性もあります。偏った食事をしている傾向にある方は、一度自分の食生活を見なおしてみましょう。